St Ives .mobi

st ives harbour

アートとセント·アイヴス流

19世紀末に、アーティストがセント·アイヴスやニューリンで制作を始めました。

ペンザンスにある漁港の街は、絵画のニューリン派で有名になり。ニューリンス派はリアリズムとして有名です。

1920年、バーナード·リーチは、セント·アイヴスでリーチ陶芸の釜を開きました。 1945年以降、モダニズムの芸術家はセントアイブス派として知られているグループを結成し、このグループは、絵画や彫刻両方でアートを作り出し、そのアートワークは、具象と抽象的でもあり、国際的な注目を集めました。ウィルヘルミナ・バーンズ・グラハム、ポール・フェイラー、テリー・フロスト、ロジャー・ヒルトン、パトリック・ヘロン、ピーター・ラニョン、ジョン・ウェルズ、カール・ウェシュケ、ブライアン・ウィンター、ベン・ニコルソン、ナウム・ガボ、そしてバーバラ・ヘップワースはグループ内のアーティストとしてよく知られています。彫刻家のバーバラ・ヘップワースの家とスタジオの庭は今では町の中心部にある博物館です。

1933年、有名になったテート·ギャラリーは、セント·アイヴスの古いガス工場の建物だった所に支店ギャラリーをつくり、この建物はビーチの上に建ってとても綺麗でした。

ギャラリー は、町に多くの新しい訪問者をもたらし、今日でも、多くのギャラリーがあり芸術家や職人が町に住んでいます。

セントアイブス画法学ランズエンド美術学 には絵画クラスと描画クラスを受講出来る絵画学校が有ります。クラスは、図形描画や風景の描画も学べます。

描画とペイントのために 地元のモデル を検索するには、このリンクをクリックします。