St Ives .mobi

st ives harbour


セントアイブス、コーンウォール州の観光ガイド手引き


セントアイブスはコーンウォールの最西端の小さな町です。コーンウォールはイギリスのよく晴れる最南西にある郡である。コーンウォールは湾流によって暖められ、セント·アイヴスは亜熱帯気候で、サーフィンと砂浜のビーチ、一流の芸術家が住み、働いています。それゆえ、セント·アイヴスは人気の休暇先となっています。また、セント·アイヴスは、国際的に有名な文化の首都となっています。訪問者は、コンサートに ギャラリービーチ からホテルまで簡単に歩いて行動ができます。または訪問者が、ヤシの木々の下に座ると木漏れ日を楽しむことができます。この微細な光は、この地域独特なものです。

今、町ではお手頃で安全な観光が楽しめるようにしております。これらの施設は、スイミング、スポーツ、ゴルフ、サーフィンレッスン、アート教室、海岸のツアー、ブティックでのショッピング、さらには釣りが含まれています。町では頻繁にお祭りがあり、これらの 祭り は町のエンターテイメント の集まりと、芸術家の活動場所を作ります。町にはモダンなレストランと 宿泊施設 が用意されています。

セント·アイヴスは伝統的な漁港だった。 5世紀にアイルランドの宣教師、聖EIAはかご舟でアイリッシュ海を越えセント·アイヴスに航海して来た。町は彼女の名前にちなんで付けられ、セントイアと呼ばれる。15世紀の教会はまた彼女の名にちなんで名付けられた。この教会の絵が存在します。

19世紀には、マイワシ漁業が減少し、漁港は衰退しました。しかし、その後、鉄道がここまで来るようになり、観光客を呼び込みました。また、鉄道はコー​​ンウォールの穏やかな気候で育った新鮮な花を出荷しました。

シッカートとウィスラーのような有名な芸術家がこの地を訪れるようになり、これらのアーティストは、田舎の漁師を英雄的に描いた絵画は19世紀のファッションであった絵画のこのスタイルは、しばしばペンザンスエリアのニューリン派の画家によって流行らされた。今でも、漁業は、統計学的に英国で最も危険な職業の一つです。アーティストはここに芸術家にとって大切な優れた光を見つけた。だから20世紀に、セント·アイヴスは、抽象派表現主義の流派の本部となり、 この流派はセントアイブス派と呼ばれていました。第二次世界大戦の後、数年間で、セント·アイヴスビートニクは後のヒッピーのメッカとなり。セント·アイヴスもビートルズらの訪問を受け、さらに最近デヴィッド·ボウイが訪ねて来ました。

1993年には、有名なテート·ギャラリーのローカル支店が作られました。海辺のサーフィンビーチの上にあった、使われ無くなっていたガス工場の建物をギャラリーの為にリニューアルしました。受賞歴もある新しいギャラリーは非常に成功し、近年、いくつかの現代<アート>[art]を展示してます。ギャラリーは、観光客や文化愛好家を町へ集める新しい波を起こし、その結果、地元の経済が復興されました。

コーンウォールとアイルランド、ウェールズ、スコットランド、ブルターニュ、スペインのカンタブリア北海岸との共通点は、お互いケルトの領域である。コー​​ニッシュの言語はまだサインや地名で使用されています。しかしコーニッシュ言語はもう話されていない。イングランドが11世紀にコーンを併合した後、コーニッシュ言語は徐々に寂れている。年寄りが独特の コーニッシュの方言 をまだ使ってます。一部の人々にはアーサー王宮廷はおそらくティンタジェルで、コーンウォールであったと信じられています、そしてまた聖杯はコーンウォールで放棄されたスズ鉱山に隠されているのだと、それを事実であったと信じています。コーンウォールで古い鉱山がたびたび崩れることがあります。これらの事故は家の避難を強制勧告されます、避難は、さらに不動産価値に影響を与えます。

西コーンウォールには、古代の石と石のサークルが非常に沢山有ります。多神教宗教はキリスト教宣教師がしばしば設立後、多神教の聖地の上に作られてしまっても、今現在ここでは非常に活発です。 地元の食品はコーニッシュパイ、サフランパン、クロテッドクリーム、ヘビーケーキ、Stargazeyパイ、新鮮な魚です。地元の農作物は、カリフラワー、じゃがいも、そして水仙があります。地場産業は農業、漁業、観光、芸術品や工芸品、サーフィン、新しいデジタルメディアです。

ローマ時代から行われていたスズ採掘鉱山は、現在ではスズのグローバルレベル低価格のため停止しました。昔は非常に背の高い煙突を持つ大規模な花崗岩エンジンハウスが建てられました。これらの家は鉱山から水を除去するために使用された蒸気ポンプの為でした。今ではこれらの放置された家は、コーンウォールでよく見る寂しい光景です。

コー​​ンウォールは、英国領域で年間最​​大量日照を受けるので、波、風力エネルギーと太陽光発電開発に適しています。超高速ブロードバンドによる最近のインフラ投資は、コーンウォールをイギリス最速のインターネット速度をもたらした。これはコーンウォールを創造的Digitial半島として発展させます。

セント·アイヴスでは、町議会が選出されます。財政、計画や意思決定はコーンウォール議会によって制御されているのです、しかし町の協議会は、少なからず影響力を持っています。コー​​ン理事会はTruroに位置しています。Truroはセント·アイヴスから40マイル離れた所です。イングランドは、非常に強力な政府を持っており、それに比べ地方自治体は非常に少さな力しかなく。結果として、コーンウォール州の経済水準は、イングランドに比べて70%である、このため、コーンウォールは貧困地域の経済と文化の発展のための特別なEUの資金を受けてます。